スタバにしかない魅力!シアトル系コーヒーの代表格スターバックスコーヒーを徹底解説!

ⓘこの記事にはプロモーションが含まれています

こんにちは、コーヒーソムリエの hiro です。

hiro

コーヒー好きから普段コーヒーを飲まない方まで『スターバックス』のブランド名はご存じですよね!

緑の人魚のロゴでおなじみのスターバックスコーヒーは、アメリカ発祥のコーヒーチェーン店です!

世界中に店舗を持ち、コーヒー、ティー、フラペチーノ®などのドリンクやパン、スイーツなどのフード類を提供していて、日本でも多くの人たちに親しまれています。その人気と認知度は、日本の数あるコーヒーチェーン店のなかでも最大級を誇ります!

そこで今回は、今さらながらスタバの愛称で知られるスターバックスコーヒーの魅力について深掘りしていきます!

それでは行ってみましょう!

PR

目次

スターバックスコーヒーとは

スターバックスコーヒーは、アメリカ発祥のコーヒーチェーン店です。世界中に店舗を持ち、コーヒーをはじめとするドリンクやフードを提供していて、日本でも多くの人たちに親しまれています。

また、スターバックスコーヒーの店舗は多くが無料 Wi-Fi を提供していて、カフェとしての利用や仕事、勉強などの場所としても利用されています。

hiro

スターバックスコーヒーでは、自社でコーヒー豆を焙煎し、高品質なコーヒーを提供していることでも知られています!

元祖シアトル系コーヒー

スターバックスコーヒーはコーヒーは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開店し、現在では世界 83ヶ国( 2022年現在)に店舗を展開しています。ワシントン州シアトルを中心に、アメリカ西海岸から発展したスペシャルティコーヒーとしてシアトル系コーヒーの元祖と呼ばれています! 2021年に 50周年を迎え、日本では 1号店がオープンしてから 25周年を迎えました。

シアトル系とイタリア系の違い
  • シアトル系コーヒーは、アメリカ・シアトル発祥のコーヒーです。焙煎度が深く、しっかりとしたコクと苦味が感じられます。サイズやアレンジも豊富で、テイクアウトでも楽しめるコーヒーとして発展してきました。
  • イタリア系コーヒーは、イタリア発祥のコーヒーです。イタリアのエスプレッソは、中煎り~中深煎りが主流です。バール(イタリア式カフェ)などの店内で小さなカップで濃厚なエスプレッソを楽しむ文化が根付きました。

創業当時の店舗名は、『Starbucks Coffee. Tea and Spices』という名で、当時は、コーヒー焙煎の会社にすぎなかったようです。

スターバックスコーヒーの名前の由来は、「港町シアトルとなじむ店名を」と考えた3人の創業者たちの中のひとり、文学好きのジェリー•ボールドウィンが、小説「白鯨」に登場する航海士「スターバック」からインスピレーションを得て名づけたとされています。日本ではスタバの愛称で知られるようになりましたね!

hiro

ロゴには、船乗りと縁が深いセイレーンというギリシャ神話における人魚が用いられています!

スターバックスコーヒージャパン

出典:Starbucks Coffee Japan – スターバックス コーヒー ジャパン

1995年 10月には、株式会社サザビーがアメリカ・Starbucks Coffee International, Inc.との合弁事業によりスターバックスコーヒージャパン株式会社設立されました。

そして、北米エリア以外で初の店舗として、1996年 8月「スターバックス コーヒー 銀座松屋通り店」が開店されました。オープン初日は、ハワード・シュルツ(スターバックス前CEO)が角を曲がっても続く列の長さに目を丸くしたとされています。

1995年には、「フラッペ(凍らせた飲みもの)」と「カプチーノ」を合わせた造語から今ではスターバックスコーヒーの看板商品となった「フラペチーノ®」が誕生し、コーヒーを飲まない人をも魅了するきっかけになりましたね!

hiro

現在では、スターバックスコーヒーのコンセプトである『Third place』(自宅でもなく職場でもない第 3の空間)その名のとおり、あらゆる世代のお客さんから愛されています!

PR

スタバにしかない魅力!

世界中に店舗を持ち、日本でも多くの人たちに親しまれているスターバックスコーヒー。なぜのこれほど多くの人たちがスターバックスコーヒーに魅了されるのでしょう。

スターバックスコーヒーの魅力
  • 店内の落ち着いた雰囲気とおしゃれな家具
  • 豊富なメニュー
  • 季節ごとに変わる限定メニュー
  • スタッフによるきめ細やかなサービス

コーヒーの美味しさだけではないその魅力について解説します!

店内の落ち着いた雰囲気とおしゃれな家具

店内の雰囲気が良く、居心地がいいことがあげられます。スターバックスコーヒーの店内は落ち着いた雰囲気で、仕事や勉強、または友人とのおしゃべりに最適な場所として人気を集めています。

スターバックスコーヒーでは、コンセプトとして『Third place(サード プレイス)』を掲げています。サードプレイスとは、自宅でも職場でもない第3のリラックスできる場所のことを指し、ただ美味しいコーヒーを提供する場所ではなく、「ただいま」「おかえり」が聞こえてくるようなお客さんにとって居心地の良い場所を目指しています。

Third place(サード プレイス)=自宅でも職場でもない第3のリラックスできる場所

店内はおしゃれな家具に囲まれ落ち着いた雰囲気となっています。また、スターバックスコーヒーの店舗は多くが無料 Wi-Fi を提供していて、カフェとしての利用や仕事、勉強などの場所としても利用されているのも魅力の一つです。

豊富なメニュー

スターバックスのコーヒーは、世界中から厳選したコーヒー豆を仕入れているため、豊かで深みのある味わいが特徴です。コーヒー以外にもフラペチーノ®やティー、ジュースなど幅広いドリンクがあり、好みに合わせて選ぶことができます。また、パンやケーキなど豊富なフードメニューも魅力の一つです。

ビバレッジを自分好みにカスタマイズできる

スターバックスコーヒーでは、ビバレッジを自分好みにカスタマイズすることも可能です。例えば、ミルクが苦手な方やカロリーが気になるときには、ミルクを豆乳に変更したり、ミルクを無脂肪乳に変更することが可能です。また、コーヒーの量を増量してフラペチーノ®でもしっかりとコーヒーの味わいを感じさせることもできます。

hiro

ビバレッジに合うカスタマイズや好みの味わいを探す手伝いをしてくれますので、なにか要望などがあればスタッフの方に聞いてみましょう!

季節ごとに変わる限定メニュー

スターバックスコーヒーでは、レギュラーメニューに加えて、季節限定メニューや新作のフラペチーノ®やスイーツなど飽きさせない豊富な期間限定メニューも魅力の一つです。

なかでも、スターバックスコーヒーの看板商品であるフラペチーノ®は、美味しいだけではなく SNS映えする華やかなビジュアルが人気を集め、新商品や期間限定メニューが発売されるたび話題になります。

hiro

ブロガーの仲間うちでも、しばしば X(旧Twitter)で話題にあがります!

フラペチーノ®には季節限定販売のものもありますが、その年の期間に合わせた商品ラインナップによって変化するため、同じ季節でも毎年販売されるわけではありません。

hiro

どちらも美味しそう!写真も映えますね♪

季節の味覚を取り入れたスターバックスコーヒーの限定メニューは、毎年人気があり、ファンにとっては必食のメニューとなっています。ぜひ、季節ごとに変わるスターバックスコーヒーの限定メニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回ご協力いただきましたブログ仲間のサイトはコチラ↓↓

スタッフによるきめ細やかなサービス

スタッフのサービスが良いこともスターバックスコーヒーの特徴の一つです。スターバックスコーヒーのスタッフは明るく親切で、コーヒーについての知識が豊富なため、わからないことがあれば気軽に聞くことができます。

スタッフの接客マニュアルが存在しない

スターバックスコーヒーでは、スタッフの接客マニュアルがないことは有名です。スタッフ一人ひとりが企業の経営理念やコンセプトをしっかりと理解し、主体的に、そして自分らしく働くことで、お客さんと心でつながることを目指しています。

hiro

スタバといえば「緑のエプロン」が特徴的ですが、なかには「黒いエプロン」をつけているスタッフさんがいます。ブラックエプロンはコーヒーのに関する豊富な知識を有している証で、『コーヒーマスター』が付けられる特別なエプロンのようです。より高度で専門的なコーヒー体験ができるかもしれませんね!

PR

自宅でもスタバのコーヒーを楽しもう!

スターバックスのコーヒーではローストのレベルで、ブロンド ロースト、ミディアム ロースト、ダーク ローストの 3つに分類されます。豆ごとに異なるローストの時間や温度を 50年もの蓄積された経験と技術を持ったマスターロースターによってローストされます。定番のコーヒー豆のほか、季節に合わせたコーヒー豆も楽しむことができます!

ブロンド ローストミディアム ローストダーク ロースト
短めの培煎時間で、軽めのコクと穏やかな風味バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味しっかりしたコクと深みのあるカ強い風味
参照:Starbucks Coffee Japan – スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックスのコーヒー豆は、店頭スターバックスコーヒー公式オンラインストアのほか、Amazon楽天でも購入できます。

hiro

スターバックスのコーヒー豆を一部紹介させていただきますので、香り、酸味、コク、風味など、お気に入りのコーヒー豆をぜひチェックしてみてください!

\スターバックスコーヒー公式オンラインストアはコチラ/

スターバックスコーヒー ライトノート ブレンド

出典:Amazon

ライトノート ブレンドはソフトなココアと、軽く煎ったナッツのニュアンスが感じられるスターバックス定番のコーヒー豆です。軽めのコクと程よい酸味が特徴のコーヒー豆で、まろやかな風味と優しい味わいを楽しめます。

【ブロンド ロースト】短めの培煎時間で、軽めのコクと穏やかな風味

コーヒー豆は、ラテンアメリカのブレンドです。南米のコーヒー豆の風味の特徴として、アーモンドやヘーゼルナッツ、カカオの風味があるものが多いため、深みのある味わいが楽しめます。

スターバックスコーヒー ハウス ブレンド

出典:Amazon

ハウス ブレンドはナッツやココアの味わいが特徴で、創業から愛されてきたコーヒー豆です。香りやコクなど、すべてのバランスがよく、まろやかさと豊かな風味を楽しめます。

【ミディアム ロースト】バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味

コーヒー豆は、ライトノートブレンドと同じくラテンアメリカのブレンドです。南米のコーヒー豆は、豊かな香りが特徴で、特にフルーティーな香りがするものが多いです。

スターバックスコーヒー カフェ ベロナ

出典:Amazon

カフェ ベロナはダークココアのような口あたりで、バランスのとれた豊かな味わいのコーヒー豆です。ロースト感のある深みや甘みと、しっかりとしたコクを楽しめます。

【ダーク ロースト】しっかりしたコクと深みのあるカ強い風味

イタリアンローストによる深みのあるコーヒー豆は、チョコレートと一緒に味わうとよりその甘みが引き立ちます。

まとめ | スターバックスコーヒー

今回は、緑の人魚のロゴでおなじみのスターバックスコーヒーの魅力について深掘りさせていただきました。

スターバックスコーヒーは、アメリカ・シアトル発祥のコーヒーチェーン店です。世界中に店舗を持ち、コーヒーをはじめとするドリンクやフードを提供していて、元祖シアトル系コーヒーショップとして日本でも多くの人たちに親しまれています。

スターバックスコーヒーの魅力
  • 『サード プレイス』を目指した店内の落ち着いた雰囲気おしゃれな家具
  • 好みにカスタマイズできるドリンクやフードなどのメニューが豊富
  • 華やかなビジュアルのフラペチーノ®など季節ごとに変わる限定メニューが豊富
  • スタッフのお客さんと心でつながることを目指したきめ細やかなサービス

世界中で愛される本格的なコーヒーが味わえるスターバックスコーヒー!豆の鮮度・品質にこだわり、お客さんのライフスタイルに合わせた様々なドリンク・フードを提供しています!

心地よい空間とおもてなしのサービスで、くつろぎのひとときをお過ごしください♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コーヒーに関する情報や知識を
中心に発信します!
コーヒーソムリエ認定(JSFCA)
スイーツコンシェルジュ認定
(日本スイーツ協会)
FP技能士1級認定
CFP®認定(日本FP協会)

コメント

コメントする

目次